「国境なき科学」計画

登録日:2014年7月24日

「国境なき化学」計画とはブラジル政府が学術交流を目的として開始した留学計画です。2015年までに約10万人のブラジル人学生を海外へ留学させる予定で、理工学・医学などの分野に関わるものと指定しています。日本へ留学している学生達に率直な話を聞いてみました。

ブラジルではワールドカップはどのように皆さんは感じているか。
A:僕はクリチバ出身だけど、多くの建設が進む中、遅れが目立ち、苦情が多い。
B:マナウスでは、計画はあるけど、まったく進んでいないという。でも、気にしない人もいるし。

ワールドカップに賛成するブラジル人の割合は?
A:開催するところは賛成だけど、そうではないところは反対が多い。

ブラジルは教育や福祉サービスで変わらないといけないと思う?
A:Facebookでよく情報交換をしているけど、もっと建設していかないといけないとみんな書く。
B:自然なことだけど、今より良いようにもとめる。みんなもっと学校はほしいし、治安をよくしてほしい。
C:ブラジル人はクレームを言う人が多い。
D:僕はなるべく自分自身だけに言い聞かせるようにしている。自分自身何をしなければならないのか考えるようにする。みんながそのようにすればブラジルは変わっていくと思う。ブラジルはいつもクレームを言うけど、行動もしっかり起こさないといけないと思う。

「国境なき科学」計画に参加して、目的を。
A:新しい文化を学ぶこと、新しいことを学ぶこと。1年間いろいろな経験をすること。
B:故郷を離れた期間、自分自身の成長が感じられるように様々なことを学びたい。あとは生活をすること。食べ物、ゲームセンターなどね。
B:ゲームセンターはとてもいいよね。

日本にあるものでブラジルにあったらいいと思うことは?
A:ゲームセンター。人の出入りを見るといいビジネスになる。
B:コンビニだね。
A:ブラジルには遅い時間まで営業しているスーパーはあるけど、どこにでもあるとは限らない。夜中に出かけられるところがないよね。
A:例えばお弁当とかあったらいいよね。1分で温められるし、とても便利だよね。
A:ブラジルには弁当はあるけど、とてもシンプルだ。
A:冷えた弁当でも大丈夫だ。

日本語の勉強も進んでいるんだね。
A:決まった時間はないんだ。毎日の生活で少しずつ覚えていく。

ブラジルでも日本語を?
A:僕はもう勉強していた。
B:僕は個人で。

ブラジルには日本語学校は?
A:少ない。いいところは1つあるけど授業料がとても高い。

日本語を勉強するブラジル人は多い?
A:3つのタイプの人がいる。日系人。ブラジル人おたく、そして文化が好きで真面目なブラジル人。

日本語はブラジルでは役立つ?
A:コミュニティと接している僕には役立つ。通訳など。通訳だけで生活する人もいる。

日本の料理は?
A:日本の料理には慣れた。

来年までいると思うけど、その後、日本との交流は続けたいと思う?
A:はい、もっと勉強を続けていきたい。家族も日本に連れてきたい。日本で学んだことをブラジルに住む人たちにも伝えていきたい。

日本はどのようにみられる?
A:異国。
A:みんなネクタイをしめて真面目に仕事をしているイメージ。奇抜なイメージ。
B:最先端テクノロジーというイメージがあったけど、今は中国の方が勢いがある。
A:災害の時対応にしっかりしているイメージ

ブラジルには日本企業は目立つ?
A:マナウスに大きな工業団地がある。政府の援助があるから。そのため他の地域よりあると思う。

最後にブラジルに興味ある日本のみんなへメッセージを。
A:ブラジルはとても歓迎しているし、ブラジルで学べることがあったら是非たくさん学んでいってほしいと思う。

サンタカタリナ州、サンパウロ州、パラナ州とアマゾナス州と様々な地方から選抜されていることで、ブラジルでもお互いの生活感が大きく異なるように見えます が、全員まじめでおとなしい性格な印象を持ちました。はじめての留学経験の人もあり、新しい文化を学ぶ姿勢が感じられ、留学を楽しんでいる様子もうかがえ ました。日本語の勉強は主に生活の中で学んでいるとのコメントがあり、日本語能力の向上は重視せず、あくまでも専門分野の学習を目的としているようです。 それでも留学後も日本との交流を続けていきたいコメントもあり、ブラジルの家族を日本に旅行でも連れてきたいと話す留学生もいました。日本との交流を深め ていくという面では留学生受け入れには大きな意味があるかもしれません。ブラジルには多くの日系人が在住し、日本企業も進出していますが、日本に対するイ メージは「異国の地」であり、おたく、アニメ文化が印象強く、まだまだ日本の情報発信が必要だと感じました。今回の「国境なき科学」計画をきっかけに、日 本を訪れた留学生達が日本の情報発信を担ってくれるものと期待します。



ポルトガル語を学ぼう!
この情報に対してコメントを残すことができます。
ニックネーム:
ゲスト
コメント:
評価
星1つ 星2つ 星3つ 星4つ 星5つ
 
  • New size ガラナ

    人気の炭酸飲料ガラナ・アンタルチカは1.5リットルの新しい商品がでました。パーティなどには最適です!
  • Mais マイス パッションフルーツジュース

    ブラジルでポピュラーなトロピカルジュース。このジュースは甘酸っぱい味でさっぱりしていて日本人が好む味ではないでしょうか。 友人にすすめたところ、大好評でお中元にもぴったり!
  • リブ肉 Costela

    時間をかけてじっくり焼き上げたスペアリブ。 肉は柔らかく口でほぐれる食感です。ビールのおつまみにすればちょっとした贅沢気分が味わえるかもしれません。
  • ブラジルで新年を祝う

    ブラジルでは花火を派手に打って新年を祝います。各都市でその習慣は若干異なりますが、多くのところでは花火をあげているようです。 友人などを集めて夜中までバーベキューやパーティを楽…
  • ポンデケージョ

    ブラジル発もちもちした食感のチーズ味のパン。 群馬県大泉町ではブラジル雑貨店がたくさんあり、焼きたてのポンデケージョが味わえます。 チーズ味のほかハムのみじん切りを混ぜたポン…
  • クリスマスはパネトーネを!

    パネトーネはドライフルーツを混ぜて焼き上げた丸いパン。甘いドライフルーツの菓子パンにもかかわらずその賞味期限が長く、独特な味わいでクリスマスが近くなる時期のみスーパーなどにたくさ…
  • イパネマの娘の由来

    イパネマの娘はボサノバの曲でもっとも有名な歌です。多くのアーティストがカヴァーしており、ビートルズの「イエスタデー」に次ぎ、世界でもっともカヴァー数の多い曲だそうです。 アント…
  • カイピリーニャ

    カイピリーニャとはブラジルでもっとも親しまれているカクテルのこと。 ポルトガル語で「田舎の人(女性)」。材料はピンガと呼ばれるサトウキビのお酒、レモンと砂糖。シンプルな材料の組…

・新着情報